古川慎さんの『アンバランス』を歌詞から解釈してみました。

こんにちは、ハルです。ブログにお越しくださりありがとうございます!

今回は、古川慎さんの個人名義曲の一つ、『アンバランス』という曲について語らせてください。

デビュー曲からずっと作詞もされている古川さん。『アンバランス』はデビューシングルの二曲目に収録されています。

私、この曲を初めて聴いたときから好きだったのですが、最近もっと大好きになりまして。

 

古川さんといえば、大人な曲調と色気のある歌が最高に最強ですよね!そういう歌、私もめっちゃ好みです。どの曲ももちろん好きなのは前提ですが(笑)

この『アンバランス』という曲は最初、ポップで爽やか応援歌!というイメージでした。曲調自体もノリやすいナンバーなので、ライブでも盛り上げ曲だと思います。

でも、気持ちが沈んだり心がちょっとしんどいなって時に聴くと

涙が出てくるんですよね。歌詞がすーっと心に入ってくるんです。

頑張れ!ってハイテンションで無理やり気分を上げていくわけでもない。共感ばかりの歌詞が心に寄り添ってくれるんです。

ポップな曲調に古川さんの優しい歌詞がまたすごく合うんですよね。

これが本当にこの曲の不思議なところだなあと思うのですが、聴く人聴く状況によって曲の表情を変えられる曲なんですよね。

 

ここから『アンバランス』の歌詞について話していこうと思います。歌詞をそのまま載せるのはアウトなので、お手元に歌詞のご用意があると分かりやすいかと思います。音源もあれば是非。

推し垢で呟いたのと多少内容被るのはお許しください(笑)(まとめたかったんですw)

 

あの時の「誰か」今、目の前の「あなた」

サビで何回も出てくる「誰か」という歌詞。最後だけ「あなた」になっているんです。

傾いた天秤を戻してくれるのも、なんて事ない音も、最初は「誰か」だけど

「あなた」って言えるようになったのは、真っすぐ前を向くことができたから?天秤に重さをくれた人に向き合えたから?

「誰か」に救われる時点でも十分勇気もらえるんだけど、「あなた」って出てくることで、ようやく目の前がハッキリ見えるようになったイメージ。

最初の時点では、誰だか分からないけど、重さをくれる人がいて

なんて事ない音は、自分にとって優しい光であって

顔をあげることができたとき、この音はあなただったんだねって言えたんだね。

 

曲中のアンバランスの意味

あまり今まで天秤について考えてこなかったので解釈するにあたり考えてしまうことが多かったのですが(私の頭が弱いだけwww)

アンバランスを揺らし続けるのだから、天秤はゆらゆらしてる状態ですよね、はい(本当バカですみませんww)

傾いた天秤を想像します!片方が重すぎて、片方が上に浮いてしまっている状況ですね。これを戻すには、乗っているものを全部取るか、同じ重さを浮いているほうに乗せるかの二択です。

重りを全部取ってしまえば簡単なんですけど、一人で解決…それが難しいんですよね。だから同じくらいの重さを片方に乗せてもらうと傾きが戻ります。

でも天秤だからゆらゆらしてる。ここで改めてアンバランスの意味を考え出したら深いです。

この曲の中でのアンバランスって何を意味してるんだろう。

アンバランスってあんまり良いイメージを持っていなかったので、これはまた新たな角度で見るきっかけになりました。

 

主人公の心の変化

ずっと「傾いた」天秤だったのが「不器用な」天秤になっているところ。

傾いた状態は誰が見ても判断できるけど、不器用なのはパッと見てすぐに分かるわけじゃないと思います。

主観が入った表現が不器用だと思うので、この主人公は、今の自分を少しは認めてあげることが出来たのかなあとも思いました。

ダメな自分、嫌いな自分が傾いた天秤。

「不器用な天秤」って言葉に温かさを感じました。

 

言葉のギフト

貰った言葉をギフトっていうのも素敵ですよね。

過去に助けられるっていうのは結構ありますし、言葉って目に見えないし、言われた時は一瞬なんですけど、

自分の中でちゃんと生きてるんですよね。

大事な言葉は心の奥のほうに閉まっておくんだけど、そのタイミングで開けられるようになりたいなあと思いました。

素敵な言葉をいただいたら、リボンかけてラッピングして大事にとっておいて。自分がダメになりそうなときに、あけてあげる。それができるといいよね。

あと、これは全てに言えるのだけど、これを作詞されてるってことは

古川さんも貰った言葉を大事にされてるってことだよね。

ということは、私達の応援もきっと心に届いてるのかな? そうだといいな!

 

一番最後の歌詞のメッセージ

歌詞のお話をしてきましたが、最後に

歌詞ばかり見ていて気づかなかったこと。

歌詞カードには書いていない歌詞がありますよね?

曲を最後まで聴かないと分からない、古川さんのメッセージ。

「ahー」でも「ラー」でもない、ちゃんとそれだけで意味が分かる言葉なのですが、

これはどこに繋がるんだろうと考え出すととまらなくなりましたww

色々想像しては当てはめていくのですが、きっと正解はないですよね。

そしてこの歌詞、これだけでも聴くと安心するんですよね!

私には「大丈夫」って聴こえた気がしました。

『アンバランス』って、歌詞に頑張れ!とか一言も書いてないんですけど

背中を押してくれるその手がめちゃめちゃ優しい(笑) そんな素敵な一曲です。

私はこの先もこの曲に助けられる気がします。すごく心強いです。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

古川さんって歌も上手いし、表現力もすごいし、毎日歌を聴いては元気もらっていたんですけど、作詞された歌詞にも古川さんの想いとかメッセージがたくさん溢れていて

もう音だけでは満足できない身体になってしまいました(笑)

12月の1stアルバムも楽しみですね。MV見るのもきっと大変なんだろうなあと(笑)  歌詞も含め、ちゃんと聴きこみたいと思います!