2019年11月に買ったシチュエーションCD

ハルです!先月に買ったシチュエーションCDを今月も紹介していきます!…と思ったらもう先々月ですねwww

11月は2枚?! 「買うの少ない月だったんですねー」と思われた方、違うんです!

実はここには書いてないけど、R18推奨CDがめちゃありまして…(笑)

(11月は、テトラさん祭りでございまして…結果ガッツリと参加しましたww)

とりあえずここでは全年齢CDのみの感想をお届けしますっ!

 

おとカレとDIG-ROCKですね。ほんとにね、どちらも全力でおすすめしたい!

こんなにも私の心を揺さぶってくる作品に出会うとは!素敵な作品ほんとありがとうございます!

おとカレは切ないし、心キューってなるし、考えさせられること多いし。

ルビレは、皆のこと知れてますます大好きになった。さっき心を揺さぶってくるって言ったけど、作中のましろくんの言葉を借りると……

ぶん殴ってくるって表現のほうが近いかも(笑) それくらい衝撃を与えられまくりでした!!

では、感想どうぞ!!(ネタバレご了承ください)

 

☆おとどけカレシ Cherish Vol.4 成瀬 律 CV.斉藤壮馬

おとカレ最後は、成瀬律くん。今回のCherishシリーズ、発売枚数重ねるごとにストーリーの重みがあると感じたのですが、皆様どうでしたか?

前回の虎ちゃんまでは、彼女の事情も分かるようなシナリオだったのですが、今回、彼女がどんな子か聴きながら考えていたけど、あまり見えてこなくて(今回はガッツリ律くんメインでした)

律くん曰く普通の女の子。律くんは最初、普通過ぎてつまらないって思っていたけど、彼にとって出会うべくして出会ったんだと思う。

『目に見えないけど心はあるよ』『あなたは道具じゃない』そう言ってくれる子。

今回は律くんの哀しい生い立ち、家庭環境という重いテーマでした。途中から聴いてて「これ、一枚にまとめるの大変だったんじゃない?」って思いました。

恋愛がテーマのドラマCDだけど、それ以上に考えさせられること多い。本当に。

 

全体的に重いテーマな今回だけど、おとカレの魅力であるカレのギャップは楽しく聴けます。最初のドラマCDでも少し聴いて知っていたけど、個別CDはさすがでしたね(笑)

斉藤壮馬さんが思いっきり演じてくださってるのが良かったです!

律くん落ち着けww 落ち着けww って何回思ったことか(笑)

素のままのデート(博物館)でワクワクしてるの可愛かったな。あれだけ博物館で楽しんでる人律くんが一番だと思う(笑)

要さんの、皆が立ち止まってしまう時にかける言葉の選び方とか毎回凄いなあと思う。

変に優しくしたり励ますとかじゃなく、素の口の悪い要さんのままなんだけど(笑) でも本音で向き合ってくれてるのが分かるから。

やっぱりおとどけカレシという作品、好きだなあって改めて感じました!

 

☆DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.2 CV.古川 慎、石川界人、佐藤拓也、花江夏樹、駒田 航

第一弾も素晴らしかったけど、今回もめっちゃ良かったです!!

シナリオが細かいところまで丁寧に作られてて、もう愛を感じましたね。

前回のルビレもそうなのですが、最後まで聴くことによって「ああ、あれはこういうことだったのか」と伏線がつながるというか、

バラバラだったピースがカチッとハマるあの感じが気持ちいい!(上手く伝えられなくてすみませんww)

物語のどんでん返しが上手いんです!そして実力のあるキャスト様のお芝居!

そりゃあ最高の作品に仕上がるわけですよ!!

私、メンバー全員でワチャワチャお喋り聴くのも好きなのですが、今回はそれぞれのペアでのシーンが印象的。

ましろくんとくろのくんの加速する犬猿の仲www 敏腕マネがんちゃんを支えるハイジくん(お前は俺の嫁か?byがんちゃん)

ハイジくんの気持ちにもすごく共感できるなあ。でもハイジくんもバンド支えてる部分大きいんだよ。茜くんだって「ハイジ、いつもありがとな」って言ってるの私も知ってるよ。

ましろくん中心のお話だった今回。それぞれメンバーに本音でぶつかることができたんじゃないかな? 

普段メンバーにここまで深く聞くことってなかった気がする茜くんなんだけど、今回はかなりストレートにましろくんに伝えていたよね(某牛丼チェーン店だったけどww)

雲行きが怪しくなる中、裏で動いていたがんちゃんと茜くんに最後の最後に驚かされる。

茜くんが書き下ろした曲。だからあの曲だったんだ。

メンバーのことが、ルビレのことがどれだけ好きかが、その一曲に全部詰まってた。茜くんからの愛なんだなーって思った。

 

ということで、ここからは曲の感想。私はドラマCDよりも先に曲を聴いたのですが、

めっちゃベース動いてる!!っていうのが第一印象。なるほど、だからましろくんのお話なんだなって。ベース以外にもギターやドラムもかっこいい!しかも、これだけ楽器隊が前に出てるのに、歌が全く埋もれない!(さすが王様!)

ドラマCDを聴いてから聴くと、より一層ルビレの世界を感じることができました。この曲、ラブソングなんだけど、茜くんからメンバーへのラブソングでもあるなーって。

タイトルの「Chained to You」だって最初は、ラブソングらしいなって思ってただけだったけど、

ドラマCDを聴くとその本当の意味が分かります!

絆が深まったルビレ、もう最強じゃないですか?!今後の彼らの活躍に期待!!