「好き」をカタチに。私にとってファンレターとは。

こんにちは、ハルです。ブログにお越しくださりありがとうございます!

今回はファンレターについて書いてみました。少し前からいつかこのテーマで書きたいなと思っていて、でも自分のファンレター事情を話すのも抵抗あったりで(めんどくさい奴w)保留にしていたテーマ。

でも皆、結構気になっているものなんだなっていうのと(私もその中の一人)

「お手紙書きたいけど、迷ってる」って方が多くて

「書きたいと思うなら書いたほうがいい!」と背中をおしてあげたいとも思ったからです(偉そうにきこえたらすみません)

ファンレターの書き方を話したいわけではありません。そういった意味では全く参考にならない記事かもしれません。

私が書ける範囲で、お伝えできることがあれば…! あとは自分の気持ちの整理のため(ブログ自体が自分の気持ち整理&記録のような感覚もあります)

いつも通りゆるーく書いていきたいと思います。

 

 

ファンレターですが、私はお手紙って言い方のほうが好きなので、それで話していきます!

私にとって手紙を書くって結構好きで(かといって普段からそんなに書かない)ライブとかイベントに行くと決まったら「お手紙書いてBOXに入れたい!」って思うのも自然なことでした。

もちろんライブ本番がメインなのだけど、お手紙を入れに行くっていうのも自分の中ではメインイベント。

イベントでプレゼントBOXに初めて手紙を入れてからも

「もっともっと伝えたいことがたくさんある!!」ってなって、そのときに自分の中に、事務所にも送らせてもらおうって選択肢ができました。

 

お手紙書いたことある方なら共感していただけるかなと思うのですが、

手紙書くのって結構大変なんですよね(笑) 一大イベントです!!

でも書いてるとき、本当に楽しい。大好きな人のことを考えてるから。

書いてるとき、推しさんとお話してる気がして… これが多少の時差があっても届くんだって思ったら、それって凄いシステムなんじゃないかって思うんです(笑)

 

お仕事たくさん頑張ってくれる推しさんだから、全部はとても追いきれなくて…

時々、情報に溺れそうになったり追えていない自分が嫌になったり、自分のペースで応援!がモットーなんだけど、それが簡単そうで難しかったりする。

お手紙書いてて気づいたのは、自分の中の「好き」って気持ちを大事にしていればいいんだってこと。

当たり前だけど、追えてない作品の感想とか書けないからね(笑) 自分が話せることだけ!伝えたい!って思ったことだけ書けばいいと思う。

推し方に迷ったり、追えてない自分と周りを比べたりしがちな私(頭では分かっている!けどもう無意識の領域だと思うww)

でも手紙を書いているときはそんな不安は全く無いんです。

それって何でだろうって考えたら、手紙を書いているときは自分の中の「好き」って気持ちと向き合えているからなんだろうなと思いました。

書いている最中、そこにいるのは自分と「推しさんが好き」って気持ちだけ。そこに他人が関わってくることは一切ない。あの時間は本当に不思議で、素敵な時間だと思います。

 

手紙を書くようになってから、自分の字、前より好きになった気がします。私の字も悪くないなって思えるようになりました(笑) たぶん、推しさんに書く手紙の字が一番ましかなって思う(笑)

あと、封筒に推しさんの名前を書く瞬間が一番好き…かもしれない(笑) 堂々と名前を書けるからね。

 

 

以下、手紙を書きたいけど迷ってる方へ、少しでも参考になればという気持ちで書きました(質問は私の想像ww)

Q.手紙って本当に届くの?

A.届きます!よっぽどのことがない限りは日本だから(笑) 住所不備、切手代は気を付けてね。

Q.プレゼントBOXに入れたり事務所に送っても、本人は読んでくれるの?

A.読んでくださっている!と信じてます! 

こればかりは本人しか分からないけど、私がこの話題について色々な記事を読み漁った結果、読んでくださってる確率はかなり高いと判断できます!

自分がやったこと(仕事)に対しての評価や感想って気になるものだし、今後の仕事の参考にもなるし、そういった面でも読んでくださる方が多いんじゃないかなあと思います。結構有名な方でも読まれてますもんね。

届いてから時差はあるけど、ちゃんと読んでくれるからきっと大丈夫。

Q.字に自信ないんです

A.これも全く問題ないと思ってます。多少の上手い下手はあるかもですが、「汚い字」と「丁寧に書いた字」は違うし、丁寧に書いた字って一目で分かるものです。急いで走り書き、殴り書きしなければ(笑)

丁寧に時間をかけて書いた手紙は絶対伝わると思いますよ!

仕事でたまに達筆過ぎて解読できない字にも遭遇しますが(笑) 丁寧に書いて推しさんが読めたらそれで十分です。

Q.こちらの住所とか名前ってどこまで書いたらいい?

A.まず事務所に郵送の場合は当たり前ですが、送り主であるこちらの住所と名前を書きます。イベントのプレゼントBOXの場合も私は住所書いたかな?(記憶がw) でも、名前は絶対書こう!!名無しだと渡されない場合もあるので(多分)

住所書くと「返信くださいって感じが出て嫌」って考えもあるかもしれないけど、どこの誰だか分かんないよりはよっぽどいいと思ってます(笑) あと、こちらが気にするほどそんな風に思ってないと思いますよ!怪しいものではありませんって安心してもらえるし、自分が同じ立場なら、全部書いてあったほうが嬉しいかなと思いました。

Q.手紙出すタイミング、頻度、枚数とかは?

A.これは人ぞれぞれですね、正解はありません!だからこの記事でも書き方の話はしていません(笑)

書きたいと思ったとき、自分が書けるタイミングで、書きたい分だけ!!

手紙を書くことが全てじゃないし、応援の仕方だって他にもある。だけど、伝えたいことがあってどうしよう!ってなったとき、手紙っていう応援の仕方もあるよって頭の片隅においてもらえたらと思います。

Q.どんなレターセットがいい?

A.推しさんに書くレターセットを探すところからすでに楽しいんですよね(そしてなかなか好きなのが見つからない) 自分の好みのレターセットでいいと思います!

ちなみに私は色々買ってみた結果、便箋と封筒別々で購入に落ち着きました(笑) あと、可愛いものよりもまず「一枚にたくさん書ける」「一枚が薄い」もの優先していますww(女子力優先し過ぎて分厚い怪しい手紙が出来上がった過去がwww)

 

さて、ここまで読んでくださりありがとうございます!もし気になることがあればお気軽にメールでも何でも聞いてください(笑)

最後に、タイトルに答えられてないなと思ったのでここに書きます(笑)

私にとってファンレターは、直接気持ちを伝えられる素敵な応援の手段だと思っています。伝えない後悔より伝える後悔!みたいなね(笑)

「好き」って気持ちだけでも十分ではあるんだけど、それを言葉にして相手に伝わるように届けるっていうことも大切にしていきたいなあと思っています。

あと私の場合それをしないと、「好き」な気持ちがどんどん積り積もってしんどくなっちゃうので(笑)

気持ちが先に動いて、書いてる感じです。

 

途中でも書きましたが、お手紙を書くことが応援の全てだとは思っていません。それぞれ自分らしい推し方で楽しく応援していってほしいなと思います。

書きたいけど…迷ってる方がいらっしゃったら、ちゃんと届くから是非その気持ち伝えてほしいな!っていう記事でした!!ありがとうございました!!