ようこそ!ゆっくりしていってね(*´ω`) このサイトについて

【Wacom Cintiq16レビュー】液タブ初心者がワコムを選んだ理由

最近までデジタルイラスト初心者の私が液タブを買うまでに悩んだポイント

買った液タブ「Wacom Cintiq16」のざっくりとした感想をお届けします。

もし迷ってる方がいたら参考にどうぞ!

こちらの商品の感想です!

Contents

買うまでに私が悩んだポイント

・板タブか液タブか
・サイズは?
・ファンクションキー付きのほうがいいか
・タッチ機能は必要か
・液タブスタンドは必要か
・保護フィルムやペーパーライクフィルムは必要か

悩んだポイントが初心者なので、普段からイラスト描かれる方の目線ではございませんが(笑) このあたりを調べながら最終的には「Wacom Cintiq16」の購入に至りました。

ポイントをひとつずつ見ていきたいと思います。

板タブか液タブか

こちら悩んだのは一瞬でして…(笑) 描く画面とディスプレイが一体化している液タブにしました!

板タブを調べていたら、小学生の時にマウスでお絵描きしたあの日を思い出しました(笑)

私のおすすめは液タブですが、価格は板タブの方が圧倒的に安いです!

でも金銭面で余裕があるなら私は迷わず液タブをおすすめします!

アナログで紙に描く感覚とほぼ同じで馴染みやすいと思います。

サイズは?

初心者が液タブを買う時に結構悩むポイントの大半はサイズではないでしょうか?

私は15.6型にするかもう少し小さいものにするか悩みました。値段もサイズでだいぶ左右されちゃうんですよね(笑)

でも15.6型液晶ディスプレイにして良かったです!

届いたときは正直「(デカいなwww)」と心の中で呟きました(笑) ←梱包がしっかりしてて本当にデカかったんです(笑)

でも、いざイラストを描き始めてみると15.6型くらいあればかなり伸び伸びと描けるんだと感じました。

というのも、液晶サイズ=キャンパスサイズ ではないからです!キャンパス以外にも作業に必要なパレットやらツールやらがあるわけです。

結果的に「デカいくらいが丁度いい!」という結論に至りました。

もちろん小さいサイズもズームできるので問題ありませんし、コストを抑えたい方や場所をとるので「大きいのはちょっと…」という方はコンパクトサイズも検討してみてください。

ちなみに私が「Wacom Cintiq 16」を購入した決め手は、そのコストパフォーマンスにもあります!

学生さんには高く感じるかもしれませんが、これが社会人だと絶妙なラインをついてくるんですよね(笑) 

ファンクションキー付きのほうがいいか

液タブを色々調べていると目にする「ファンクションキー」という単語。どうやらショートカットを設定して作業効率を上げられるようです。

便利なものはあったほうがいい! 最初はそう思ったのですが、実際にファンクションキー無しの液タブを使ってみて

今のところ「ついてるの買えばよかったー!」と後悔にさいなまれることにはなっておりません!!

ということで、初心者さんの最初の一台にファンクションキーはなくてもイケる!!と思います(個人的感想)

そうです!「Wacom Cintiq 16」にはファンクションキーがついておりません…

「将来的にもどんどん時間のある限り効率的に描いていきたい!」という方はファンクションキー付きも比較するポイントにしてみてください。

「とりあえず液タブで絵を描いてみたいな」という方は、あとからオプションで色々付けることも出来ますよ!

最初の一台ほど、いっぱい調べるし細かいところも気になる気持ち凄く分かります(笑)

タッチ機能は必要か?

こちらも「あったら便利」と思っていました。

実際に無いものを使っていて「なくてもイケる!」と実感しました。

画面に直接描く液タブなので、誤って手が触れてしまうことも多いんじゃないかと思っていたのですが

どうやら「タッチ機能」はオンオフで切り替えができるようです。

私は誤タッチが怖くて、結局タッチ機能オフのまま使っている未来しか想像できませんでした(笑)

液タブスタンドは必要か?

「Wacom Cintiq16」の裏側には折りたたみの脚がついています。こちらの脚を使って少し斜めにするか、使わないかの二択になります。

オプションとして専用スタンドも出ていて、そちらを取り付けると自由に角度を変えることが出来ます。

私も迷いました。でも専用スタンドの取り付け…

ネジで留めるんです(笑) 当たり前と言われるとそうなのですが…

今のところ、折りたたみの脚で問題なく使えています!

保護フィルムやペーパーライクフィルムは必要か?

こちらは完全に追加で購入するかしないかの問題です。

まず、「Wacom Cintiq16」には最初から一枚フィルムが貼られていますので

保護フィルム無しで使用して大丈夫です。

今のところ私も何も貼らなくても画面の傷はなさそうです。

ペーパーライクフィルムとは、紙のような書き味になる保護フィルムです。気になりますよね?(笑)

私も買おうかと思ったのですが、書き味の分、ペン先への負担が大きいらしくペン先が削れやすいそうです。

「Wacom Cintiq16」に保護フィルムはなくて大丈夫ですが、

書き味を変えたり色々試してみたい方はペーパーライクフィルムを使ってみるのもアリかもしれません。

まとめ

・板タブか液タブか 
→金銭面に余裕あるなら液タブをおすすめします!

・サイズは? 
15.6型くらいだと伸び伸び描けます!

・ファンクションキー付きのほうがいいか 
なくても問題なし!必要性を感じたらオプションで買えます。

・タッチ機能は必要か? 
なくても問題なし!

・液タブスタンドは必要か? 
なくても問題なし!備え付けの折りたたみ脚で満足しています。

・保護フィルムやペーパーライクフィルムは必要か? 
なくても問題なし!書き味にこだわる方は購入を検討してみるのもアリです。

上の条件を全部満たしているのが、私が買った「Wacom Cintiq16」です!

実際に液タブ初心者が使用した感想でした。

「Wacom Cintiq16」おすすめです(^^)/

楽しい液タブお絵描きライフを!!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる