ようこそ!ゆっくりしていってね(*´ω`) このサイトについて

【感想】Bremen個別シチュエーションCDおすすめポイント!

こんにちは、ハルです。ブログにお越しくださりありがとうございます!

今回はBremenシリーズのシチュエーションCDの感想をお届けします(*´ω`)

Bremenシリーズ気になってるって方や、ドラマCDと推しキャラは履修済みだけど聴いてないキャラもいるよーって方へ

「Bremen全員かわいいぞ!!!!」という思いが少しでも伝えられたら嬉しいです。

ネタバレは…してます(すみません) 大丈夫な方は最後までぜひお付き合いいただけたらと思います!

ではさっそく、Bremen4人について個別シチュエーションCDを聴いた感想とおすすめポイントを語っていこうと思います(*´ω`*)

Contents

Bremen vol.1 Kanato 椛島奏人(CV.寺島惇太)   

ヒロインの前での彼はどんな感じか、簡単に想像できそうで意外と、聴く前と聴いた後でのギャップがあったかなと感じました(笑)

世間に対する奏人くんのイメージが強めで、ドラマCDではメンバーとのやり取りで少し垣間見ることができたものの、まだフワッとした感じでした。

個別シチュエーションCDを聴いて、イベントに行って、ようやく今じわじわと椛島奏人という人間が分かりかけてきてます(笑)

恋愛テーマとしては、4人の中で一番平和なんじゃないかなと(笑) 彼は恋愛よりもアーティストとしての悩みが大きい部分があると思います。

本編では奏人くんとヒロイン、お互いが自然に惹かれていく感じです( *´艸`)

モテないわけじゃないんだけど、真面目な性格ゆえの恋愛初心者。

でも、手を繋ぐのもキスするのもさりげに行うナチュラルボーイ!!

好きと言ってなかったことから、もう付き合ってる、まだ付き合ってないのすれ違いがあったんだけど

何にも起こることなく即解決(*´ω`)

彼の音楽に対する真っすぐさは、恋にも同じなんだろうなあって思いました。気持ちも真っすぐに伝えてくれます。

ドラマCDでも暗い場所や幽霊が苦手なシーンがありましたが、可愛い悲鳴(高音)が聴けるのは個別CDだけ!

奏人くんをよろしくお願いします!!

Bremen vol.2 Kyohei 古賀響平(CV.岡本信彦)

Bremenのドラマーでありリーダーでもあるきょんくん。彼がいなければBremenは結成していなかったのです。

ドラマCDではメンバーをまとめるお兄ちゃん的存在のきょんくんでしたが、彼の恋の行方は…?

先輩(ヒロイン)に気がありそうな男から守るため、期間限定で恋人のフリを買ってでるというフラグを初っ端からぶっこんでくる子でした(笑)

一見社交的に見えるんだけど、本当は人に踏み込んでいくのが苦手で…

きょんくんCDは聴いた瞬間から「あー、これは後々しんどくなるコース選択してるなー」と思いました。

途中もどかしい気持ちになるんですが、どうか最後まで見守ってあげてください(。>﹏<。)

自分の気持ちをヒロインに伝えようとする姿に愛しさを感じました(あと、とんでもなく可愛い…年下バンザイ!)

からの、Sっ気(?)発動!!!!(好きな子限定)

ドラマCDだけじゃ絶対に知ることができなかった彼の一面がここにある!!

きょんくんをよろしくお願いします!!

Bremen vol.3 Hikari 雨宮ひかり(CV.千葉翔也)

メンバーといるときとヒロインといるときのギャップが一番少ない子じゃないかなと思います。

The 自然体!!

意外だったのが、恋の相手は高校の同じクラスだったけど当時はお互いあまり喋らなかったってとこです。

勝手なイメージですが昔からよく彼のことを知ってる幼なじみを想像してたので、久々の再会から恋が始まっていくのが新鮮でした。

ヒロイン苦労してましたもんね(笑)

とはいえ、ひかりくんの可愛いとこいっぱい聴けるのも個別CDだからこそ!

ひかりくんは照れたときがめちゃめちゃ可愛いですよね( *´艸`)その時の顔が見たい!!と何度思ったことか(笑)

私が音声作品好きな理由の一つは、表情が見たくなるお芝居に魅了されてるから。

ヒロインが泣きそうになったりして焦ってなだめるとこも可愛かったですね( *´艸`) 好きな子に泣かれると焦るよね。

ちなみにCDジャケットの猫ですが、奏人くんときょんくんはキーホルダーなのですが

ひかりくんはアレです(*´ω`) 気になった方はCD聴いてみてくださいね!

ひかりくんとの恋愛は、意外とゆーっくり進みます(笑)

グイグイ来そうなイメージがあったのですが、友達以上恋人未満な感じ。

付き合ってる。でもこの距離はなんか違う。

やっぱりヒロインは不安になっちゃうわけで…

ヒロインに気持ちをぶつけるシーン、本当にひかりくんはひかりくんなんだなと(笑)

「偉そう」

そうヒロインに言わせたシチュ彼は初めてです(笑) ええ、そんなあなたが可愛くて大好きなんですけどね!!!!

ひーくんをよろしくお願いします!!

Bremen vol.4 Ritsu 戌井律(CV.古川慎)

りっつーーーーーん!!!! 

作品の発売予告を見た時からもうすっごい存在感だった彼(*´ω`)

「ヒモ」の二文字が衝撃的でしたねー(当時を振り返り中)

私が今まで聴いてこなかったタイプなので、初聴きは別の意味でドキドキでした(笑)(;^ω^) これは一回じゃ難しい、彼とはゆっくり向きあっていきたいなって思いました。

ヒロインは久々に再会した幼なじみ。幼なじみなら安心!

とかじゃなかった(笑) 

どうやら律くんに嫌われてるらしいし、めっちゃ冷たくされる…(←ここのお芝居がやってて新鮮、楽しいと古川さん( *´艸`))

修羅場とヒロイン大嫌い!!から物語は始まります(笑)

「ヒモ」がダメなら「ご主人様」(←ここの変換は何気に素晴らしいと思う私)

ドラマCDでも彼の女性関係が目立つ印象でしたが、

シチュCDでイメージが変わりましたね。家族のことも過去も、話を聴きながら思う

なんて愛情にあふれた子なんだろう…

シチュエーションCDだから、表向きは恋愛ものなんですけど、恋愛の「愛」だけじゃなく

もっと根本的なものに改めて触れ考えさせられる。難しくて深いテーマだと思いました。

ヒロインにいったあの言葉も、核心をついてドキッとさせられましたね。できれば人に晒したくない、きれいじゃない感情がごちゃごちゃなんですよね(´・ω・)

でも、それでも、彼には隣で笑っててほしいと思う。

律くんCDは本当に全部が聴きどころと言えるくらい、いっぱい詰まってます!!

ヒロインに向けられる色んな感情。律くんと過ごす中で見えてくるもの。

聴きおわる頃には、今の律くん最強だーって思えるようになりました(*´▽`*)

さて、最後にあれ言っときますか!

せーのっ!

「りつくんのご主人様になり隊!!」

律くんをよろしくお願いします!!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる