ようこそ!ゆっくりしていってね(*´ω`) このサイトについて

【感想】ロマンスコネクト Chat.4 榊 稚冬 CV.古川慎

こんにちは、ハルです!ブログにお越しくださりありがとうございます!

久々の個別感想記事!(毎回、久々って言ってますw) 楽しく書いていきますよー

古川さんのお芝居、どんどん聴いてどんどん感想書きたいのですが、めっちゃスローペースだからなかなか進まない(笑)

でも1作品じっくり時間をかけて鑑賞したいタイプなので、のんびりやっていきます(*´ω`)

お芝居って書きましたが、今回の感想はどちらかというとキャラやストーリーに関することが多めかもしれません。再生しだすと、そこに古川慎はいないので!!

ということで、感想いきます!

ネタバレ大丈夫な方は良ければお付き合いいただけると嬉しいです。

Contents

全体の感想

シチュエーションCDやドラマCDって一回聴いただけじゃもったいないなって思いました(そりゃそうなんだけど、私が繰り返しきけていないことが多いんですよねw)

というのも、初聴きでは分からなかったところに気づく瞬間がたくさんあったからです。

作品って何回も聴いて自分の中に吸収していくのが良いなって思いましたね。

あと、この作品の彼、稚冬くん…誤解されやすいタイプだなと(笑) だからこそ、何回か聴いて彼がどんな子なのか触れてほしいなって思いました。

発売当時、他の方の感想を見る機会もあったのですが、なるほど確かに好みが分かれるかもしれないなって部分はありました。

シチュエーションCDとして、聴き手がヒロインとなり聴き進めていくとちょっと振り回されちゃう部分も大きいのかなと。

いや、そもそもシチュエーションCDってそういう聴き方が主流なんだと思うんですけども(私は第三者になって聴きがちww)

ただ、ヒロインの性格も聴き手のタイプと違っていると、その微妙な感覚の違いで共感できなかったりするよねって思いました。

いやー、シチュエーションCDって難しいし奥深いなと。

前置きが長くなりましたが、何回か聴いてほしい作品だとお伝えしたいです。

ストーリー上、二面性を活かした内容にもなっているのですが、稚冬くんの個性が結構つよい(笑) 彼についていけるヒロインすごいなと思います(笑) 

けど、何度も聴くうちに彼、可愛いなってなると思いますよ(*´ω`)(それが初聴きで思えるかというと難しい面もあるw)

アプリから始まる運命の恋がテーマのシリーズ。

発売前から公式Twitterで彼とのメッセージのやりとりが少しずつ更新され、当日会うの楽しみにしてるね!と約束してからのCD発売という流れでした(こちらのやりとりは今も公式サイトで見れます)

デート、数えてみたら4回くらいしてるんですよね!しかも付き合う前で。

デート重ねるたびに彼の心境の変化を感じるのも面白いです(*´ω`) 心の声もちゃんと聴けます(心の声聴くの大好き人間) 

一周回って恋に不慣れなのかな、こういうところは不器用だよなー、みたいな

温かい目で彼の恋を見守っていただけたらいいなと思いました(誰目線www)

聴くにあたってのキーワードを2つお伝えします!

シリーズとしてのテーマでもある「運命の恋」そして何度も出てくる「主体性」

以下、ネタバレ全開でゆるーく喋っていきます(笑)

デート1回目

ヒロインと稚冬くんが初めて顔を合わすシーンから始まります。

5分前には着いてる彼。遅いって感じるのもそれは稚冬くんが早いからなんですよね(笑)

遅刻じゃなければいいってとこ、最初全く気にしてなかったけど

何にも(事故とかトラブルに巻き込まれて)なければいいが…じゃなく

「遅刻じゃなければいいが…」ってとこが彼らしさがでてて好き(笑) 待ち合わせに関する意見はあとでも出てきます(笑)

彼女とのデートの後、なんで彼がアプリに登録したかの真相がわかります。そして本当の性格も(笑)

アプリで運命の出会いなんて見つかるわけない…と本人は思っているけど、本当は憧れというか心の奥では運命の恋を求めていたのかなと思いました。

デート2回目

「まだ来てない…」←だから稚冬くんが早いんだからね(笑)とツッコむのが楽しくなってきた(*´ω`)

映画館デートとイタリアンレストラン。このシーン情報量が多いのですが、稚冬くんが夢中になって好きなこと話してくれるのは嬉しかったです。

デート未満って言われたときは、おおっと、雲行きが怪しくなってきたぞって焦りました(笑)

そして、ヒロイン素直で良い子だ(*´ω`*)

彼女にいい顔する必要ないんだって考えたあとの、ダメ出しコーナー来ましたー!! 

最初は聴きながらへこんだけど、言ってることは正しいし、彼女のためになることだし、写真のくだりは可愛かったしww(そこも勢いあまって本音が出ちゃうのね)

デート3回目

彼女には先に着いてて待っててほしい稚冬くん(笑) 

主体性!ここでも出てきました。

彼女の服、本気で選んでくれるんですよね、靴も。本気度は聴けば分かる!!

ジャズバーにて、あまりお酒が飲めない彼女にノンアル選んでくれるの優しい!ノンアルカクテルってシンデレラしか知らなかったのですが

彼が選んでくれたのは…「バージンモヒート」

逆に彼女に自分のを決めてもらう。彼女が彼に選んだのは…「ドライマティーニ」

マティーニってアルコール強めなんだね。お酒強いんだ稚冬くん(*´∀`)

カクテル言葉を調べるとまた面白いですよ(*´ω`)

映画趣味の稚冬くん、有名映画の名ゼリフも聴きどころ!

好きな場所に連れて行って好きなこと教えてくれるのって嬉しいですよね。

だいぶ素を見せてくれるようになったというか、素の稚冬くんにも慣れてきたというか(笑)

自分で自分を好きになる努力って大事…(言い聞かせ)

手荒れが気になったからと無意識に彼女の手に触れていたのね(笑)

お分かりですかね?彼のほうが彼女にペースを乱され始めていることに(ニヤニヤ)

焦りと4回目のデート

彼女のプロフィール写真が変わっていることで稚冬くんの心は…

友人に自分のアプリデータ削除を依頼(削除に少し時間がかかるらしい)

4回目のデートは古い洋館を改装したというレストラン。庭を少し歩くときの気遣いいいな。足痛くない?って気にしてくれます。

ジャズバーの時も香水つけてることに気づいてくれたり、今日は髪型がいつもと違うことに気づいてくれました。

気づいてくれるだけじゃなくそれをちゃんと伝えてくれることが嬉しいですね。

しかも、彼の場合は「良いね」って素直に言えちゃうタイプ。

←と思ったら多分これ、彼女には素直に感情出せるってことだ…!

彼女の家の前までタクシーで送ってくれたのかな?ここで、アプリで彼女を追いかけてきた男が出てくるからもうややこしくなる(笑) 

ここで男に言い返した稚冬くんのセリフは彼らしいなって思いました。

とりあえず男は帰っていった…けど…

稚冬くんが勘違いしてしまって…

同時進行、品定め…彼女はきっとそんなことしてないよ。

「俺なんかより…俺よりずっとまともそうな奴じゃないか」

「君には…お似合いだよ」

ここ、いつも自分に自信があって堂々としてる稚冬くんが、こんならしくないこと言うなんて…って切なくなりました。

「俺なんか」ってとこがもう榊 稚冬じゃないから心配だよ…

そして、好きな人に別の人のほうがお似合いって言われる辛さ。どっちもしんどい。はやく誤解とけてー!

やっぱ私、古川さんの切ないお芝居、大好きなんだなって思いました(*´ω`)

再び彼女のもとへ

次の日…全然寝れなかった稚冬くん。

友人からアプリデータ消し終わったよーの連絡(今?このタイミングでwww)

本当は前のデートの帰りに連絡先きくはずだったのに…彼女に連絡する方法はもう無い…

どうする?稚冬くん?

と思ったら、彼女の家の近くへ(どうやって(笑))

あとをつけてきたわけじゃないと弁解www

話し合いスタート!

友人のアプリのモニターの件、彼女にはアプリがなくても会えると思っていたこと、連絡先を聞くはずだったこと

「友人から君の住所を聞き出した」←うん!??

コンプライアンス的には完全にアウト←そうねそうね(´ω`)

ここで改めて本音が聴けます。イライラしてたのも不器用な彼の恋心。

もしかして彼…独占欲つよいかもしれない(いいね!( ´∀`)bグッ!)

一目ぼれ。あのアプリの登録写真、飾らない素のままの彼女に惹かれていたんだ。

稚冬くんが恋に落ちる瞬間はどうやらCDを聴く前だったようです(*´ω`*)

ここからようやく甘い時間がやってきます!

お願い3つきいてくれる?って可愛いな、しかも全然3つじゃなかったのも(*´ω`)

口調とかは今まで通りだけど、素直に自分の気持ち話してくれたり照れたりって変化が嬉しいなって、愛しく感じました。

古川さんの表情が見えるお芝居すごい!!

最後のお願いは予想してたけどやっぱ甘々でしたね( *´艸`)

古川さんのリップ音が大好きだー!!と毎回思ってます(*´ω`)

家デート(恋人ver.)

彼女の家でこの前見た映画みてます。稚冬くんの解説付き(この解説きけるのは彼女の特権かも)

稚冬くん、彼女が自分のこと理解して自然に受け入れてくれるのが嬉しいんだろうなって。本当に彼女に出会えてよかったね!(誰目線)

ちょっと不安なこと(彼の職場が女性が多い)があっても大丈夫だよって気持ち伝えてくれる。

この間の男のこと、デートの帰りに突撃してきた奴 って表現は面白い(笑)まあそのまんまなんですけどね。

ここで最後に「主体性」出てくるとは思いませんでしたー

リードしつつも、彼女の気持ちちゃんと大事にしてくれるんだなって。

付き合う前から彼女になら素直になれた稚冬くん。

恋人になるとこんな風に甘く作用するのかと思うとニヤニヤしちゃいます( *´艸`)

最後のセリフの強弱、稚冬くんが大事にしてる気持ちからなのかなと思いましたね。

幸せになってくださいー(*´∀`)

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる