おとカレ史上最高のドキドキをお届け!/おとどけカレシ —Extra Memories— CASE by 桜川 要 CV.中島ヨシキ

おとどけカレシ —Extra Memories— ということでついに伝説のおとどけカレシ桜川さんが登場しましたね!

2019年最初に更新する感想記事は、おとカレにしよう!って少し前から決めていました。私にとっておとカレは大好きなシリーズだし、思い入れのある特別な作品。

最初の頃は何気なーく集めだしたんだけど、気付いたら毎月楽しみにしている自分がいたw

公式サイトでSSも読めるの楽しいし、Twitterでイラストあげてくださるのも嬉しい!!おとカレに出会えて本当に良かった!!おとカレに関わっている全ての方々に感謝です!!

 

はい、前置きが長くなりましたが、桜川さんの感想いきたいと思います!

キャストは、中島ヨシキさん!

いつも通りネタバレ全開の感想ですので、大丈夫な方はお付き合いくださると嬉しいです。

 

ココが聴きどころ!!

・要さんの心の声(もはやツッコミw)が面白い!

・キャストの中で一番子どもっぽいのは、実は彼かもしれないw

・普段は聴けない桜川さんの甘々トラック最高!!

 

Kaname Sakuragawa

物語は、桜川さんがまだキャストをしていた時から始まります。ナンバーワンで、他のキャストからは『彗星のごとく現れたクズ』というあだ名で呼ばれていた彼。

ん? 何か……桜川さんだけやたらかっこよくないかwww 何そのビシッと決まったあだ名www

おとカレモードの桜川さんからお楽しみください!最終日のお客さんとの別れ方も決まってます。

「俺に会いたくなったらいつでも予約してね」ですよねw 現実はそうなりますよねw

で、1トラック目からさっそく本性が聴ける!桜川さん、口悪いwww

 

仕事終わってBLOSSOM社に帰る。一週間終わるたびに、予約が入る彼。

「また、新規がリピーターになっちまったな」 エンドレス桜川さんwww

桜川さんやっぱお酒好きなんだ(笑)

お客さんのためなら嘘だってつくし、夢を見せ続けて、BLOSSOMに貢献してるだろ精神でお仕事しています。

「嘘ついて何が悪い?」「誰も困らねーんだからいいだろ」

まあ確かに桜川さんのいう天国説も分からなくもない…うん。仕事って難しいよね。

ここで、明日からのお客さんの資料を渡される。ついに二人は出会うんだよねー

まあ、桜川さん、本性はなかなかだけど仕事と割り切ってきっちりおとどけカレシモードに入るから

ナンバーワンなのはさすがだなって思った。そのお客さんが何を求めているか、どうしたら喜ぶか、同じ元ナンバーワンの仁さんと重なるところあるよね。

 

First day

だから何で皆、おとどけカレシを本人じゃなくて、友達が予約してるのwww

BLOSSOM社も他人が簡単に予約出来ちゃうシステムで大丈夫なのかwww おとどけカレシの派遣、すごくすごーくお金かかるらしいです(笑)

いつも通りおとカレモードで登場の要さん。さすがです(笑)

デート開始!人気のスイーツ食べに来ています。

ここで、要さんからプレゼント!ネックレス!!

ネックレスつけてくれるのはもうお決まりの流れですねw

こうして順調に一日目終了しそうです。 今回は最初から素の要さんを知ってるだけあって、おとカレモードが嘘くさく感じたのだけど、これで聴き方あってるよね(笑)

完璧すぎて、違和感なんだよねー、まあこれは後々、彼女も感じていることだとは思うんだけど。

 

彼女を送って、最後に彼が伝えたいこと。

「俺、君を好きになったみたいなんだ」「おとどけカレシとしてじゃなく、一人の男として」

かっ、要さん?? それ、もうそのタイミングで言っちゃうのねwww

要流は、そういう流れにもっていくのね(笑)

ここで心の中の声が……要さん冷めてるなあw「君に運命を感じてる」「君は?どう?」

運命とか一日目で言っちゃうのかー。

『大抵、ここで女は二パターンに分かれる』『自分もって抱きついてくるやつと、驚いて硬直するやつ』

『今日の反応を見てる限り、こいつは後者だな』 私も後者だ、きっと(笑)

「ねえ、君に触れたい」「キスさせて」

一日目からこんなグイグイおしててすごいな要さんw

 

バッチーン!!!! いやー、いい音www これ絶対痛いやつwww

要さんも思わず素が出ちゃうw すぐにごまかすけど

内心、めちゃめちゃお怒りですwww

ちょっと、要さんwww そのセリフはマズイ(笑) さすがに私もここには書けなかった(笑)

いやー、要さんに向かって、『大したことない』『この程度でナンバーワン?』とか言っちゃう彼女かっこいい。

行動がテンプレって言われるw ここでテンプレ俺様思い出すw

『王道が一番安定するんだよ』 まあ確かにそうだよねwww

「明日こそ、君をちゃんと喜ばせられるように頑張るよ」「きっ、期待してないって…」

「そこは期待してくれると嬉しいんだけど…」

何だかコントを聴いているようだ(笑)

 

彼女と別れた後の要さん、落ち着いてくださいwwwwww

またここに書けないセリフ出てきた(笑)

今までもおとどけカレシの皆、素が出てきたときは人によって口悪いって思ったけど、

要さん、ダントツですねwww

「テンプレ上等じゃねーか」「テメーがそういった桜川要で落としてやるからな」

 

Second day

おとどけカレシ二日目! 要さん、プラン変更してまで彼女落とそうと頑張ってますw

デート最後のご飯の時に今日の感想を聞くんだけど、『貴重な経験』って答える彼女いいね(笑)

さらに踏み込んで感想聞こうとすると……

「なっ、馴れ馴れしい?」ここから要さんを動揺させる彼女w

本人目の前にして苦手とか言っちゃうんだけどwww

でも要さんが(怒りを我慢しながらw)それは寂しいなって伝えるとちゃんと謝る彼女。

距離感。うん、大事だよね。

というかおとどけカレシの皆、距離感すごいよね(笑)

要さん、動物嫌いだったのねwww 意外な弱点発見!!

いやー、何か彼女に(頭の中で)ツッコミ入れてる要さん聴いてると、ほんとコントみたいに思えてくるwww

 

Third day

彼から電話。今日のデート、彼女の行きたいところに行きたいって。

「えーっと」「俺の聞き間違いじゃなければ、動物園って聞こえたんだけど」

要さん!大丈夫! 動物園ですwww

 

動物園にて。

「そうだねー」「キリンだねー」「すごいねー」

要さんwww テンション低wwwwww

ゾウの鳴き声にびっくりする要さん、もう乙女の叫びでしたよ(笑)

おとカレモードの彼を全力で拒否する彼女。うーん!さすが未来の奥さんです!

「ふれあい…コーナー…」

「あれだよね、ウサギ追いかけたり」

「待って待ってー、みたいな」

要さんピンチじゃないですかwww

なんとか自分は触れあわずに頑張ろうとするんだけど……

ここからは、要さんの心からの叫びをお聴きください(笑)

ウサギも怖いのかー、可愛いところあるんだね(ニヤニヤ)

彼の腕の中で眠るウサギを見たい!という目的に変わっている彼女w(私も見たいw)

「出来ないんですか?」とか言われて、意地になっちゃうよね要さんw

ウサギ寝たよー!やったね、要さん!ウサギ怖くないでしょ!

 

Fourth day

一週間も折り返し地点。少し焦ってくる彼。

『今日こそおとす!!』って気合い入れてる。

『よし、今日は猫カフェ!』『いや、やっぱ動物は…』がんばれーw

デートプランに悩んでいると、BLOSSOM社で楽しそうですね~って言われる。

もしかしてお客さんに惚れちゃったとか?って言われて、全力否定!!

この仕事をして楽しいと思ったことがないし、他人を好きになったこともない彼。

そっか、初めて好きになる相手が、未来の…なんですね!素敵だなぁ!

デート中、彼女に言われたこと。

【契約を終了したい】要さん動揺中ですwww

昨日のデートのほうが楽しかった彼女。 彼女には無理してるように見えてたんだよね。

要さんは、どうしたら彼女が喜ぶのかをよく考えてるんだけど……

まぁそれが裏目に出るよね。デートじゃなくてもいいって言われるんだけど…

「俺が一緒にいると…嫌?」そういう訳じゃないの。

「嫌われてないことは分かったよ」

「でも、君の言う『俺の気持ちがここにはない』っていうのは正直意味が分からない」

ここの、要さんと彼女の気持ちのすれ違いがもどかしい…

ここからの展開、ドキドキ注意です!!

「あぁ、そっか」「この程度じゃって言ってたっけね」

要さん、声が急に低くなる。ちょっと怖いですw

「君が求めてるのは、もっと強い刺激なのかな」「たまにいるんだよね、そういうお客さん」

「俺を欲しがろうとする人が」

「契約終了はちょっと待って」「もう少しだけ付き合ってよ」

要さん、どこ行くのーwww

ちょっと、この展開についていけてないですwww

 

Fifth day

おとカレ史上最高のドキドキ展開きましたね///

聴いててソワソワしてしまったwww 全年齢で、ギリギリを攻めてくる感じ好きですよ(笑)

「五日目、ベットの上で迎えることになっちゃったね」

「君が望んでたのってこういうことでしょ?」

もちろんBLOSSOM社ではこれは禁止されてること。「だけど、君ならいいよ」「特別に、抱いてあげる」

要さん……なんか…やけになってませんか?

ドキドキの展開なんだけど、これは悲しい。

バッチーン!!(またまたいい音www)

「お前なんで!」『……なんで、泣きそうになってるんだよ』

ここで要さん、本性をばらします!

やっぱり彼女の気持ち分かるな。おとどけカレシの皆って、仕事だし、彼女をどう楽しませるかを考えるんだよね。

自分が楽しむとかは関係ない。でもやっぱり要さんが楽しんでないのは、彼女は分かっているね。要さんが楽しんでくれると自分も楽しいって、すごく共感。

『この女、ぜってーおとす!!』ってことで、残り二日は今までと違ったデートをすると宣言!

『もう俺は、キャストの桜川要を演じねー』『お前のために、なんてことも考えねー』『今のまま、好きなようにやらせてもらう』

『フェイクの俺より、リアルの俺がいいんだろ?』『勝負はまだ終わってねーってことを教えてやるよ』

笑ってる彼女。子どもって言われてるよ要さん(笑)   分かる!なんか可愛いぞw

 

Sixth day

フェイクじゃなくてリアルの要さんとのデート。遅れてくるのね、要さんw

今日どこ行く?ってなって、彼が楽しめるところに行きたい彼女。

「あっ、一個だけ思いついたわ」「どこだと思う?」「またホテルだったりしてなw」

冗談なんだけど、要さんが言うと冗談に聞こえないwww

要さんがつれてきてくれたところは、お気に入りのバーでした!

嬉しい彼女。素の彼が嬉しいよね。特別!

ここで、要さんの家事情。ご両親は地方では有名な料亭をやっていたんだ。

一人息子の教育に失敗…とかそんな言い方悲しいよ。色々と叩き込まれたんだけど、反抗してクズ扱いされてきた要さん。

好きなことやって、好きなように生きていけばいいんだよって言ってあげたいけど、

実際はそんな簡単な問題じゃないんだよね。難しいよね。

偶然始めたおとどけカレシで、ナンバーワンになっちゃう要さん!やっぱりすごい!!

要さんは、「家を出て、家族を捨てるようなクズなんだし」って言うんだけど、

「そんな見方されると思わなかった」  「そっか、現実を変えたくて家を出たのか、俺は」

彼女の考え方、素敵でした!

要さん撫でちゃう彼女好きw  甘やかされたいより甘やかしたいの分かる!!

要さん、本当はめっちゃ可愛い人じゃないですか///

酔ってきたって言ってからの要さん、可愛すぎませんか///

「大丈夫じゃねー」「責任とって、お前が俺を家まで送れ」

「へー、いいんだ」「俺、何するかわかんねーけど」

「誰かにいてほしいんだとしても、その相手は、お前じゃねーよ」

それでも【そばにいたい】そう伝える彼女。

「もう無理、家まで送って」

ここね、要さん本当に可愛かったあ//////

 

で、要さんの家に到着!

ベッドまで一緒に行くことに。明日で終わりなら彼のことなんて知りたくなかったって思う彼女。

要さんも同じこと考えていました。

ここからまたドキドキ展開///

「お前を押し倒すの、これで二度目だな」

「あん時と違って、今は本気だけど」

「明日で終わりってことはさー、もうお前と会えねーんだよな」

「お前がずっと嫌がるからしてこなかったけど、最後くらい、キスしていいよな」

「襲ったときのはカウントしねーの」

あっ、そうなのね(笑)

ここからは要さんにキスされまくりの、キュンキュンしまくりでした//////

自分のこと、クズって言っちゃう要さんに彼女は……

「お前から、キスされるとは思わなかった」要さん嬉しいよね。

「分かったよ、お前の頼みなら、まぁ聞いてやるか」

 

Seventh day

要さんが起きると、彼女の姿はありませんでした。

置き手紙が。【最高に楽しいデートでした。ありがとう。】

要さんの言う通り、まだ最終日は終わってないよーーwww

いや、でも気持ち分かるよ。別れるときがツラくなっちゃうもんね。切ない。

彼女を追いかける彼。

「違約金払いたくなかったら、ちゃんと…」「最後まで俺と過ごせよ」

ここのセリフ、要さんの気持ちがすごく伝わってきた。

 

最後に彼女が決めたデート場所は海!

「おとどけカレシのナンバーワンは譲らねーよ」「お前は、そうだな」

「お迎え彼女のナンバーワンってとこだろ」

この後の二人の会話、ほのぼのしちゃったなー!もう彼女のこと、分かりきってる要さん好き!!

海でびしょ濡れになって遊ぶ二人いいよね。楽しかったって言ってくれた!!

そろそろ帰らなきゃってなって、「帰りたくねーな」

やっぱり泣いちゃうよね。

「なんで、一番慰めたいやつの時だけ、何もできねーんだろーな」

抱きしめてくれる彼。「せめて、涙くらい拭わせろよ、なっ」

ここで、ネックレスを外す彼女。まさか…

海に投げ入れちゃうのね。

もう切ない!彼女の気持ち分かるんだけどね。

ネックレスを必死で探す要さん。

「俺と過ごした七日間、忘れさせてたまるかよ!!」

「俺が!嫌だからに決まってるだろ!」「お前にした、最初のプレゼントなんだぞ」

あの時は何も考えずに渡してた。

「でも、今はあれが俺にとって特別なもんなんだ!」「だから絶対見つけてやる!」「お前が諦めても、俺は諦めねー!」

「お前が!俺をこんな風に変えたんだよ!」

要さんが見つけてくれたネックレス。

「お前が、俺から離れていくっつっても」「俺がもう、お前から離れたくねーんだよ」

この後の、要さんの生まれて初めてする告白、めちゃくちゃ素敵でした!!ここは是非聴いてください!!

「七日目を終わらせるどころか、色々始まっちまったな」  名言ですね(笑)

要さんがここで言っていた将来の夢。実際に叶えていて本当に素敵です!!

 

Real lover

目を覚ます要さん。「懐かしい夢を見た気がするな」

ここで着信が!要さん、もしかしてキャストによって着信音変えてるの?www

やっぱり壱さんでした(笑)

久々の、いつもの桜川さんが聴けます(笑)  落ち着いた口調で、怖いこと言うよねw

隣で寝ていた彼女が起きました。要さん、仕事モードとのギャップがすごいですw

もう、奥さんに惚れまくりじゃないですか(ニヤニヤしちゃうねw)

要さん、奥さんにも壱さんの話してるんだー(笑) でも楽しそう!

甘えてくる要さん、最高//////

「忘れてないって」「自分のことはクズって言わない」「それと、毎朝妻にキスをする」

結婚して8年なんですよねー!こんなに甘い夫婦、幸せだなぁ。照れる奥さんも可愛い。

オーナーになってる要さんもすごいよね。

「ん?」「会社でもこんなんなわけねーだろ」

「俺が愛妻家ってことも、キャストの奴らは知らないしな」

「それどころか、鬼の桜川とか呼ばれてるらしい」 呼ばれていましたよ(笑)

要さん、急におとカレモードに入るのやめてくださいwww  完璧だけど、今はもうおかしくて笑いそうになるwww

いやー、やっぱり甘い!要さん、甘いです///

「まだいいだろ?」「なぁ、昨日のだけじゃ足りねー」

朝からほんと、甘いです//////

最高のキュンキュンをありがとうございました、要さん!!

奥さんをこれからも幸せにしてあげてくださいねー!

 

 

お疲れ様でした!ここまで読んでくださりありがとうございました!

今までのキャストのCDでは、BLOSSOM社のオーナーとしての桜川さんしか聴いてこなかったけど、

今回は桜川さんのキャスト時代、奥さんとの出会いの物語でした。

要さん、さすがナンバーワンでしたね。他のキャストと一味も二味も違いました(おとカレモードも最終日の告白とか全部)

最終日も、他のキャストの時は一度別れるんだけど、要さんは最終日に告白して恋人になってるからね///

奥さん、幸せだよね。あの時の将来の夢しっかり叶えてくれてるし、BLOSSOM社のオーナーとしても、キャストのこと考えてくれてるし(怖いけどw)

本当に素敵な人です。要さん、これからもお幸せにです!