千様も、ちっひーも好き!/おとどけカレシ More Love Vol.5 矢吹千紘 CV.KENN

おとどけカレシMoreLoveシリーズ第五弾! 期待の新人二人目は、矢吹千紘くん!

千様って呼ばれてるの気になるwww

キャストは、KENNさんです!

いつも通りネタバレ全開な感想ですので、大丈夫な方はお付き合いくださると嬉しいです。

ココが聴きどころ!!

・野球ではしゃぐ彼の心の声に注目!

・千様じゃなく千紘くんとの夏祭りデート可愛かった///

・そして千紘くんのキスにドキドキさせられまくりでした///

 

First day

少し遅れて矢吹千紘くん登場!!でも彼女は知らないよねw

友達のサプライズでおとどけカレシ予約されてたwww

「なかなかレベルの高いサプライズをしてくれたね」友達すごいよねw

それにしても千紘くん、落ち着いてるなあ。おとどけカレシモードだけどね(笑)

おとどけカレシモードの千紘くん結構好きかも!

「ゆっくり距離をつめていこう」「君のペースで僕を好きになってくれればいいから」

さっそくデートにいく二人。雑貨屋さんなんて可愛いな。

青や緑色の雑貨を勧めてくれる彼。気持ちを落ち着かせる色なんだ。

そして一日目からキスしだすおとカレ達w

「いつか唇にもさせてくれたら嬉しいな」

家に送ってくれる彼。お姫様って言ってくれる。千紘くんのデート落ち着いてて好きかも。

Second day

今日は、甘いものを楽しめるデート!ホテルのスイーツおいしいよね。個室ってとこがいい!!

アーンしてくれる。クリームついちゃったねって、この流れはあれだよね。

キスでクリーム取ってくれる///

「こういう時はキスで取るものだと思ってたんだけど」

チュッ

「このやり方で、合ってたかな」

で!! この後かなりドキドキでした。千紘くん、そんな声は反則だよ///

「もっとちゃんとキスしたいな」「君を味わいたい」

「そんなにびくびくしなくても大丈夫だよ」

「君が僕にキスしてほしいって言ってくれるまで待つから」

「ちゃんとしたキスはまだしないでおく」「したいけどね」

「そうだね、普通ならここでキスするんだと思う」「だけど、女の子は大切にされるもの、でしょ」

もう、千様って呼ばれるの分かる気がするw とりあえず、ささやき声にやられました///

ここで彼女から上品だよねって言われると、、、

「まあ、このぐらいなら家で教えら…ハッ!」 千紘くんここ可愛かったな。

どうやら新人二人は家庭の事情が大変そうだね。千紘くんもどうか乗り越えてほしいよね。

「あのさー、やっぱり君も家柄や学歴に興味があったりする?」心配そうな彼。

目に見えないものが大事って言う彼女。今まで内面を重視するって言いきった女の子に出会ってない彼。彼女のこと、珍しいって。

『俺の周りにはいねータイプだなー』 ここで心の声!俺って言うのね千紘くん。

 

Third day

家に送ってくれる彼。

彼女が帰った後。。。素の千紘くんきましたー!

彼女、スイーツたくさん食べたんだ。たくさん甘いもの食べたの久々だったのねw

素の千紘くんはね、口悪い、って言うよりテンションがすごいwww

なんかねー、葵くんと壱さんの中間って感じだなあ。葵くんは純粋なおしゃべり好きで、壱さんは下ネタ好きで子供っぽさあるよね。

千紘くん、一言で言ったら少年がそのまま大人になったような子です。この後彼の好きなこととか出てくるし是非聴いてください。

桜川さんからの電話の出方www 「あーい!お疲れっすー!」

いつも通りの千紘くんのテンションに対して、「お前、本当にあの家で育てられたんだよな?」が気になるよね。

「家の話はやめてくださいってー」

ここで、ちっひーという新たなあだ名が出てくるwww かわいいけどね。

ようやく本題。桜川さんが電話かけてきた理由。「もしかして、また、ですか?」

千紘くんの実家からBLOSSOMに電話があったみたい。彼の家の事情気になる。。。

モヤモヤしながらトラック終了。

 

Fourth day

彼女に電話。今日のデート行きたいところ聞いてくれる。

彼女が答えると、、、「やっきゅう!!」 反応ギリギリでしたよ千紘さんwww

『っしゃー!!野球!!』もうここから心の声が可愛いのw 少年か!みたいなw

『やっきゅっう!やっきゅっう!』 テンションあがるちっひーw

「えーと、ちなみにどのチームの試合?」見たかった試合だったようですw

「席は、どんな感じ?」プレミア席なのね。もうちっひーの興奮MAX!!!!

だけど自分の好きな野球を見に行くことによって、キャラバレするんじゃないかとふと考える。

あっさりキャラバレしてクレーム祭りwww

めっちゃ悩んだ結果。。。「行こう!」

『行くって言っちまったー、うあははーぜってーやべーよー』

『でも嬉しいー、やべーけど嬉しいー』 本当、こういうところ壱さんに似てるw

 

こちら野球場!!さっそく千紘くんの脳内は興奮状態w

もう絶対バレる予感しかしないんだけど(笑)

もう脳内で、千様のことを応援しだすちっひーwww

そしてついに素になっちゃうちっひー。隣のおっちゃんに話しかけてるw しかもそのおっちゃん相手チーム応援してたw

彼女にバレましたね。ちっひーピンチ!!

「はい、終了」「俺のおとどけウィークもコールドゲーム」

彼女笑ってます。野球好きなんだねーって反応だけ。

ここでキャラバレしてない事実www

やりたいことやってる人がいいって以前言っていた彼女。相手が好きなことをしてるのを見るのが嬉しいんだ。

『変な女、だけど俺とおんなじ考え方をしてる』『大事だよな、目に見えねーものって』

『内面が大事だって言ってくれてるのに、俺はそんな子をだましてる』

『もし、もし仕事じゃなくて、俺が俺のままでこいつと出会ってたら…』

我に返って、これは仕事って言い聞かせる彼。

 

Fifth day

千様再び!!だけど彼女と一緒に居るところに、彼の家の人たち(付き人とかだよね)が現れて家に戻るように言われる。

かがみ?どうやら矢吹千紘ではなく、加賀見千紘?(漢字分からないからとりあえずこれでw)

あくまで人違いだと言い切るんだけど、その男の人たち、千紘様がこうなってしまったのは母親のせいだって言うのね。母親のことを庶民とか言われて、これにはまあキレるよね。

言い返した後に、「俺から手離すなよ、じゃねーとあいつらに捕まるからな」
ってとこかっこよかった!!

「いくぞっ!走れ!」ってなんかドラマのようだったw

 

「騙してごめん!」って全てを話す千紘くん。やっぱりさっきの人達、使用人だったw

前の家、加賀見千紘だった時ね。ここから彼の家の話。

加賀見グループという大きな会社は千紘くんの実家。矢吹は母親の旧姓。

昔から跡継ぎにするために英才教育とか叩き込まれていたんだけど、跡継ぎは絶対嫌だった千紘くん。

跡継ぎについてお母さんは反対しなかったけど、お父さんは反対だったのね。それで両親も毎日喧嘩。で、離婚はしたんだけどお父さんは千紘くんのことを諦めなかったの。

そんなこんなで、桜川さんと出会う。桜川さん本当スカウト上手いよね(笑)

加賀見の家が大嫌いな千紘くん、おとどけカレシモードの上品な千様も嫌いでした。だけど桜川さんには上品な自分を求められる。

それでもおとどけカレシの仕事をやるって決めたのはお母さんの入院費を稼ぐため。千紘くん、色々あったんだね。また笑ってほしいよ。

彼女は全て聞いても、明日も恋人でいてほしいって伝える。今の千紘くんがいいって。

もうここ千紘くん抱きしめたくなったよ。

「ん、何だろ、いい子過ぎて嫌いじゃねーってか、あー、割と、好きなかんじかも」

「べっ別に変な意味じゃねーけど」 もうここ可愛かった!

 

Sixth day

夏祭りデート!!素の千紘くんも好きだなあ。

浴衣の彼女に内心ドキドキの彼。

『ど、、どどどどど、どーする、すっげー可愛い』 ちっひー落ち着いてwww

彼女にどうでしょ?って聞かれ「どうでしょっていいでしょ」って返し面白かったw

可愛いっていうのも精一杯なのがいいよね。そんなあなたが可愛い!

千様の時はあんなに色々言ってたのに、素の彼いいね。

手つなぐのもドキドキ。おとどけカレシで何度もデート慣れしてる千様じゃないよねw

初めて彼女出来て初めてデート、初めて手つなぎました!なくらい初々しいんですけど///

可愛いしか出てこない、いっぱいいっぱいな千紘くん可愛いんですけど///

リンゴ飴の会話もほっこりするなあ。

そしておみこしの音が! 千紘くんおみこし担ぎたいのねw

彼女から好きなことやってきなよって言われておみこし担ぎに行く。千紘くんすごく楽しんでる。

でもここで思うの。

「あっ、何かこれ、やべーな」「あいつのこと好きになっちまったら、後が辛いだろ」

おみこし担ぐ彼をちゃんと写真撮ってる彼女。

この前の野球で隣にいたおっちゃんとまさかの再会www 熱く語れて良かったね。

千紘くんが楽しいと自分も楽しいって言う彼女に、「なんでお前、そんな良い奴なの?」

「俺、好きになっちゃうじゃん」 ここ!千紘くんー///

『なっちゃう、じゃねーな、俺は、もう』

「見つめんなよ、そんな顔されたらもう、無理だっつの」

チュッ

「お前の唇、すげー柔らかい」

チュッ

もうここからキスたくさん/// 少し余裕ない息遣いが///

『やべー、とまんねー』

『いい顔すんじゃん、もっと踏み込んだらどんな顔見せてくれんの?』

『まだ足んねー』

彼女にキスにながらも、この関係は明日で終わりってことも考えてる。

『ここまでにしとけよ、今ならまだ祭りの雰囲気にあてられてでごまかせる』

切ないよね。早くくっついちゃえばいいのにって毎回思うよw

 

Seventh day

最終日、二人が来た場所はアウトレットでお買い物。イベントがあるからって彼女が選んだの。

千紘くん、彼女の服は浴衣が一番好みみたいですw

手つなぐ二人やっぱ可愛い。

買い物も終わり、家まで送ってくれた彼。なかなか車から降りられない彼女。

千紘くんも彼女の気持ちすごく分かってる、分かってるんだけど、わざと突き放そうとするんだよね。

「ダメなもんはダメなんだ!嫌じゃねー、言うこと聞け」

聴いてて本当切ないよね。

 

「終わりにしたいわけ、ねーだろ」 ここね、彼の気持ちが痛いくらい伝わってきた。

「終わりにしたかったら、今お前を抱きしめたりしねー」

「これが最後だから、許してくれ」

桜川さんのこと恨むわー、ばーかばーか!のとこ可愛かったww

「あの、さ、まだ七日目は終わってねーし、キスしてもセーフ、だよな」「目、閉じて」

「俺、お前のこと、好きだ」「愛してる」

チュッ

「愛してるなんて、人生で言うことになると思わなかった」

「でも、俺のほんとの気持ちだから、受け止めて」

もうここのキスシーンもドキドキでした///

「また、やりすぎちった」「苦しい思いさせてごめんな」

彼女の気持ちは言わせない彼。好きって言われたら終わらせられなくなるから。

 

True lovers day

いつものちっひーのテンションで電話を掛けた相手は、桜川さん。

おとどけカレシを辞めることを決めた彼。

「俺、あの子と生きていきたいんです」

「そのために、加賀見の家とも決別してきました」

逃げるのはやめてお父さんに家は継がないってはっきり言ってきた千紘くん。とりあえず納得させたんだね。

桜川さんが、彼女幸せにしてやれよ、で、お前も幸せになってこいっていう言葉かけてくれるんだよね。仕事には厳しいけど、キャストのこと大切に思ってるんだなあって伝わる場面でした。

桜川さんと電話を切って、彼女を迎えにいきます。

 

数ヵ月ぶりの再会!途中、彼女泣いちゃって頭わしゃわしゃされそうになるw

「これから毎朝やってやろーと思ったのに」「そっ、毎朝」

つまりそういうことですよね///

彼女のおかげで、加賀見千紘も矢吹千紘も両方好きになれそうなんだって。

大事なのは内面!

「俺の、恋人になってください」「七日間だけじゃなくて、これからも、ずっと」

ようやく彼女から好きって聞けた彼。

大好きって言われて嬉しくて叫びたくなってるちっひーwww

なんかここ、壱さんと被るなあwww

彼に大好きって言われて、刺激が強すぎて…ってなる彼女可愛い。

「でもさ、これからはこれ以上のこともするじゃん?」「お前、そのたびに倒れんの?」

「あっ、倒れらんねーか」「その時は俺が押し倒してるわけだし」

ちょっ、ちっひー///

「いやー、楽しみだなー」「結構がっついちまうかもしれねーけど」「まっ、その時はごめんってことで」

ほっぺ引っ張る彼女への反撃は、キスでした。急にドキドキさせてくるの上手いよねえ。

千紘くん、幸せになってね。

 

 

 

お疲れさまでした!ちっひー好きになりましたよ!

最初は千様もいいなあって思ってたら、素のちっひー聴いてギャップにびっくりw

でも良い奴なんだよね。野球やお祭り好きで、少年がそのまま大人になったらこんな感じだよなあって思いました。

あとはあれですよ、キスシーン!!

ちっひーなんでキスの時あんなにドキドキさせるの上手いんだろう?

本当、ズルい!!あんなんされたら好きになっちゃうって///

全部良かったけど、中でも夏祭りデートがもうドキドキでしたね///

彼女とこれから幸せになってほしいな!