古川慎さんのキャラソン 個人的感想

こんにちは、ハルです。ブログにお越しくださりありがとうございます!

今回は古川慎さんのキャラソンについて、個人的な感想を書いていきたいと思います!まずは…

古川慎さん、アーティストデビュー 2周年おめでとうございます!!!!

7月4日が古川さんのアーティストデビュー日なので、ブログでも記念に何か記事を書きたいなあと思いまして。

キャラソン?って思った方!ですよね、私もそれ思いました(笑) 個人名義の曲は3rdシングル発売の時に書きます!(宣言)

声優さんって一番最初に歌う曲、ほとんどの方がキャラソンだと思うんです。むしろキャラソンのほうがキャラの声保ちながら歌うという高度なことされてるわけだし、皆すごいですよ!!

ということで、私が聴いているキャラソンをいくつかのテーマに分けて感想書いていこうと思います。

ちなみに私、原作履修できていないのがほとんどです。原作から知ってるファンの方にとっては、曲だけ聴くのモヤモヤされるかと思いますが、そこは本当にすみません。

シチュエーションCDから古川さんを知った者でして、ちょっとずつ歌の方も聴いていってます。純粋に歌だけ聴いた感想として読んでいただければ幸いです(中には原作履修したのもありますが)

 

【かっこいい】

『BUZZER BEATER』

初めて聴いたときも今も感想第一声は「かっけー!!」なんだよね。何でこんなかっこいい声なんだろうってくらい。

ラスサビ前の、ピアノとユニゾンしてるところも聴きどころです。こういうとこ聴くと、いかに正確な音を出してるかが分かる。

ここぞってところで、喉の奥から叫ぶような歌い方?が私の心を一瞬で持っていくんだよね。

 

『ラウンドアバウト』

こちらはユニット曲です。推しさんのターンではやっぱりテンション上がるものです!いい意味で存在感があるよね。皆を引っ張っていってる自信のある声がかっこいい!!

伸びのある歌声を実感していただけるかと思います!正確で迷いのない音がグッと曲を安定させてる!

 

【可愛い】

今からアイドルファンタジーの楽曲4曲いきます!(全員Ver.とソロVer.あるので正確には8曲)

 

『REAL×FANTASY』

アイドルファンタジーはとにかく可愛い古川さんが聴けます!「こんな歌い方もされるんだー」って思いました。ええ、可愛くてキュンキュンですよ(笑)

全員Ver.もここ歌ってるー!ってテンション上がるけど、ソロはずーっと歌ってるもんね(当たり前) 可愛いがずっと続く!!

 

『Across the Road〜僕ら繋ぐ道〜』

この曲のおすすめポイントはズバリ、ソロVer.での全パートを古川さんがカバーされてるところ!

グループ曲ならではのAパート歌ってる途中でBパート入るってところが多い曲なのですが、ぜーんぶ古川さんが一人で歌われてるからね!!何人もの古川さん聴けちゃうからね!!この感動は是非聴いてほしいところです(笑)

推しの声同時処理能力が鍛えられた気がしました(笑)

 

『StoryBook FANTASIA』

なかなか乙女心をくすぐる歌詞だよなあって思う。聴いたら誰でもお姫様になれる!キュンキュンしたいときにピッタリな一曲です。「お姫様」って言ってもらえるんです。声が優しい!

曲に合わせた歌い方されるの上手いなって思います。

 

『JUSTICE』

4曲の中でもかっこいい曲調。きっと皆、最後の「愛してる」にやられると思うから心して聴いてくださいね(笑)

【かっこいい】のところで書いてもいいかなって思ったけど、アイドルファンタジーの古川さんは全部可愛いと感じたのでこちらで!(笑)

他の曲が甘い系なので、この曲ではヒーローのかっこよさにドキっとできるかな(でも可愛いのです)

 

【囁き】

『僕等の六等星』

ゆるーくやってます、ドリーミング!(先程、ドリミ第一章ようやく読み終わったんですけど、鳥肌立ちながら歌聴いてました)

曲は先に聴いてました!ドリミの曲初めて聴いた感想は…「囁きながら歌ってる!!」でした(笑) あと、ジュエットソングも私結構好きなんですよね!!

作中の柳先輩の想いと歌詞がリンクする。

 

『グンナイ☆HONEY』

買うとき何で二パターンあるのか全然分かんなかったんだけど、ドリミやって「そういうことか!」って納得。

迷ったら二曲買うべき!

セリフ系は古川さんにやらせたら最強ですよね!というか、セリフ以外にも普通に囁いてません?(笑)

シチュCDと同レベルの囁きなんですけども///

声がもう甘いよ/// そりゃ、柳先輩だもんね。

 

【エロい】

『千本桜 星屑旅団JAZZアレンジバージョン』

これ、聴いた瞬間「えっろ…」ってなったもん(笑) 低音ボイスの響かせ方よね。息の通り道すら感じてしまうよね(これ、歌の感想だよねw)

千本桜ってゆっくり歌うと誰でもえろく歌えるんだろうーか…

だーかーらー、古川さんはジャズと相性良すぎですってば!そして本人も好きな傾向の曲なのが嬉しい。

 

『LAST HEAVEN』

平川大輔さんとのジュエット曲。

突然、低音イケボが聴こえると思ったら、ラップきます!!!!これは貴重な一曲!

ラップパートでのクールな感じも好き(聴いたら分かる)

これは完全なるキャラソンです(聴いたら分かる) 原作知らないのですが、作品の世界観をかなり覗けた気がしました。

 

『HIKARI HIKARU HIKARI』

歌い方かっこいいんだよね。でも色気もあるからこっちに入れた(笑) 夢キャス未履修で終わってしまったけど、きっとこれが黒木くん本人なんだろうな。

よーく聴くとね、息遣いがね//// 

最後の一音まで聴き逃さないでくださいね!

 

『NO ANSWER』

こちらも夢キャス。良い!伸ばすとこカッコイイ!

聴いてると黒木くんってどんな人なんだろうと今更ながら興味がわきました(笑)  

とりあえず私は今…エロカッコイイとしか言えません/// 

ちなみに夢キャスの曲、ここではソロのみだけど、ユニット曲もなかなかえっちです(わーい)

 

【キャラ憑依】

『我が混沌のサバト・マリアージュ』

私のウォークマンにもついにアスラン様のお名前が!!って感動しましたね。さいどえむ?ってなってた人がカフェパレードってグループのアスラン!とまで覚えました(笑)

歌が楽曲に負けてないのもすごいし、この世界観を作ってるのかと思うと本当にすごい方だと思う!(すごい二回言ったw)

アスランの声を維持しながらこれだけ歌っても無理してる感が全然なくて、安心して聴けるんだよね。

 

『瞬きの間に』

私が初めて聴いた古川さんの歌は遥人くんでした!こちらの曲は「恋色始標」の主題歌をカバーしたもの。作中では遥人くんが彼女の誕生日にサプライズで歌ってくれた曲でした。

古川さんは歌も上手いって聞いてたけど、本当に上手いなって思ったし、

すでに恋色始標の世界に浸っていた私が聴いても違和感がなかったのは仁科遥人だったからだと思う。

(その後、私は古川さんのキャラソンの凄さを目の当たりにするのであった)

遥人くんの、恋人への想いが詰まった素敵な一曲!是非シチュCDと一緒に聴いてみてください。

 

『Chained to You』

DIG-ROCRルビレ曲をいくつか紹介します(全部したいけどいつか別の記事で書きたいですw)

聴いてお分かりいただけると思うのですが、ここには古川慎はいません。いるのはルビレのボーカル日暮茜だけ。色んなドラマCD聴いた中でも、キャラの作りこみやバンド曲の本気度に驚かされました!

キャストコメントでも毎回古川さんのドラマCDや楽曲にかける想いが熱いです。

なかなか難易度が高い曲ですが、歌いこなしてしまうのが茜くん!楽器隊が目立つ曲だけど、それに負けない歌声にも注目!

 

『Never end』

今までのルビレのイメージをガラリと変えたバラード曲。このバンド、何でもできるんだって思い知らされたよね。

ロックバンドがライブの最後にこんなの歌ったらやばいです…

歌詞が、歌詞が心にくる…!何でこんなに? ああ、そっか、古川さんだからね(納得)

 

【メッセージ性】

とりあえず、二条佑斗(CV.古川慎)を聴いてください。『シャルル』『それがあなたの幸せとしても』『地球最後の告白を』『カメリア・コンプレックス』は、古川さん最強ボカロ四部作だと思ってる。

 

『シャルル』

この曲は結構有名だよね。声…綺麗…!(いや、いつもいつでも綺麗なんだけど…語彙力ww)

曲の儚げなイメージとめっちゃ合ってるし、綺麗な高音古川さんを聴ける曲!裏声にもキュンっってしちゃうね。

 

『カーニバル』

森嶋秀太さんとのジュエット曲。私、この曲結構好きなんですよ!

こういう曲調を歌われてるのって珍しい気がする。もっと色んなボカロ曲を歌ってほしいなって思ってます、いつも(笑) 歌が聴きたい!声が聴きたい!

あとね、この曲、エロさが隠しきれてない気が…(褒) もっと、もっと出していっていいからね!

 

『それがあなたの幸せとしても』

伸ばすとこ多いけど、綺麗に歌ってくださってるよね。言葉ひとつひとつを大切にしながら歌ってくださるところ好きだなあ。

ボカロって曲の持つメッセージ性が強いし、その解釈も深いし、難しいと思うんですけど、

古川さんの歌声を聴くだけでも何か感じ取ることができるのではないかと思うんです。

聴き手に訴えかけてくるような歌い方や表現ができるところも彼の強みです。

 

『地球最後の告白を』

Aメロの低音が個人的に好き。古川さんの低音って私の中で一番心地いいとこで響いてくれるんです、そんな感覚(笑) 

歌詞と声だけでどう表現するかが分かってらっしゃるし、伝えたいことが明確。だから心に届くんです!

 

『カメリア・コンプレックス』

改めて正確な音を出されているんだなあと実感した曲。気付いたら永遠にリピしてた。

これ、古川さんのボカロ曲集大成とでも言えるんじゃないかな?でもね、歌うたびに前回を超えてくる方なので…これからも期待してます!

音の一粒一粒が綺麗です。

私、歌にこんな感想持ったこと初めてなんです。心にキューっとくる切なさ全開の歌声を聴いてほしい!

 

【じっくり】

『ずっと』

大切に歌われてるのがすごく伝わってきました。個人的に古川さんってピアノ曲と相性良いと思っているのですが、そこには色気も含まれてるんですね。

でもこの曲は、作品やキャラへの想いが全てなんです。原作を知っている方にはそれはそれは込み上げてくるものがあるのではないでしょうか? 

…と原作を全く知らない人間が思うくらいなんですもん!!

作品にいつも丁寧に向き合ってくださる方なのです。

 

『ロスト・フェアリーワールド』

オリジナルBLCD「君と僕と世界のほとり」で松岡禎丞さんとのジュエット曲。ドラマCDの途中でも曲が流れるんですけど、これが作品の雰囲気にめちゃくちゃ合ってて凄いの!!

そこで!そこで流すのかーって!私達を泣かせにきてますww

曲はアップテンポで勢いがあり、でも切なさもあり青春も感じられ、良いです!!(語彙力)

 

『同じ空が呼んでる』

こちらも君とりの世界観を感じていただけます!私のおすすめポイントとしましては、サビ前のお二人の低音ボイス!

サビ前は低めの音程なため、素敵低音ボイスが耳に優しく響きます。